どれくらい小額からキャッシングをすることができるのか

キャッシングは困っているときに上手に利用し、
素早く返済することで信用度がアップし、
生活面でも役立つものとして知られています。

 

しかし、どれくらいの金額から融資を受けることができるでしょうか。

 

最高額については多くの人が調べていますが、
最小額については調べていないことが多いです。

 

 

金融機関によって、最小額は異なります。
消費者金融では最小金額が千円からです
銀行でのキャッシングの場合は1万円単位で借り入れできるといわれています。

 

そのため、買い物をしていて財布の残りが少なくなったからと、
2千円だけ借りて、家に帰ってからすぐ返済すれば利息も付かずに返済できるでしょう。

 

ただし、2千円借りて毎月500円ずつ返済するということはできません。返済も最少額が千円単位となっているため、利息などを含めてトータルで返済額が高くなってしまうことを理解して利用してください。

 

 

大手消費者金融ではすべて千円から借り入れ可能となっていますし、
手数料を気にしなければ何度でも利用は可能です。

 

しかし、手数料がかかるため、注意が必要となります。
コンビニや提携ATMから返済する、借入する場合は、手数料として数百円かかります。
金額は金融機関によって異なるため、前もって確認してから利用するといいでしょう。

 

なお、消費者金融が保有している専用のATMで申し込みするのであれば無料で借り入れが可能です。
ただし、一部の金融機関や消費者金融では無料で借り入れできるところもあるため、
利用する前に確認しておきましょう。

 

 

小額からなら少しずつ借りられると思っている人は少なくありませんが、
いくら少しずつ借りられるとは言えども、
借入限度額まで借りることは避けたほうがいいでしょう。

 

基本的に始めて利用する人は10万円前後と覚えておくと、
限度額を超えることはありません。

 

収入によって多少金額が異なるといわれているため、
あらかじめ確認をして利用することが賢い利用方法といえるでしょう。

 

なお、返済時に大手消費者金融のATMから返済すれば手数料は無料ですが、
千円以下の端数が出てしまった場合、ATMでの返済は不可能です。

 

そのため、銀行振り込みで返済をしなければなりません。
小銭の端数を振り込むときには、振込手数料がかかることを理解して返済をしてください。

ページの先頭へ戻る