どうしてもお金が必要!お金を借りる方法にはどんな方法があるの?

お金を借りる方法として挙げられるのが、
家族や友人への借金や消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードを使ったキャッシングです。

 

また、会社の従業員貸付制度を利用する方法や国や自治体による公的支援制度もあります。
意外とお金が借りられる方法は多く、
経済的に厳しい時に相談をすれば融資やサポートが受けられます。

 

 

家族や友人への借金以外で、お金を借りる方法として検討する人が多いのが
カードローンやキャッシングです。

 

カードローンは、銀行や消費者金融による
貸し付けサービスとして知られています。

 

銀行と消費者金融では、金利や貸付の条件が異なっていきます。
まず、銀行に関しては、カードローンを利用する際に口座が必要です。
金利に関しても、消費者金融と比べると低くなっています。

 

ただし、融資を受けるまでの審査に時間がかかります。
これは、安易にお金を貸して返せなくなることを防ぐためです。

 

消費者金融のカードローンは銀行と比べると審査にかかる時間は短く、
平日であれば申込みをしたその日のうちに融資を受けることもできます。

 

金利が高いので、借りてから返済までの期間が長いと
それだけ返さなければならないお金が多くなります。

 

消費者金融のカードローンは銀行に比べると審査は甘いといわれます。

 

それでも、過去に借金をして滞納をした経験や
信用調査会社のブラックリストに掲載されていると融資を断られることもあります。

 

消費者金融でお金を借りるということは、
返済能力があるという前提のもとになります。

 

キャッシングは、クレジットカードを使った融資方法です。
クレジットカードには、ショッピング枠の他にキャッシング枠といい、
お金が借りられる枠があります。

 

クレジットカードの申込みをする時に設定をしておくとキャッシング枠を設けられます。
融資が受けられるのはキャッシング枠の範囲内のみになっています。

 

審査は会社によって異なりますが、
年会費が無料という所は比較的早く融資が受けられます。

 

消費者金融のカードローンと同様で、
申し込んだ当日にお金が借りられる即日融資を行っている会社もあります。

 

返済は口座から引き落としができるので、
期日までにお金の振り込みが必要です。
滞納をするとその分超過料金が発生します。

 

 

カードローンやキャッシング以外の方法で、お金を借りる方法といえるのが、
会社の貸付制度や公的機関の支援制度です。

 

会社の貸付制度とは、お金が足りないから給与を前借りするためにある制度ではありません。
入院費用や災害時の修理費用といった
緊急時にお金が必要な場合に福利厚生として行っている制度です。
会社の貸付制度は、勤続年数によって借りられるお金が決まっています。

 

返済に関しては給与からの天引きになる所が多く、
わざわざATMに振り込みに行かなくて済みます。

 

ただ、お金を借りるというのは信用問題にも係わります。
出世や昇進にも影響するので、
よっぽどのことでなければ利用しない方がよいでしょう。

 

低所得者や高齢などでカードローンやキャッシングが利用できない場合には、
自治体による支援制度を使ってお金を借りる方法もあります。

 

生活福祉資金貸付制度は、低所得者や高齢者、
障害者がいる世帯向けの生活費や教育費などが借りられます。

 

20歳以下の子供を育てている1人親の生活資金をサポートする制度として
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度もあります。

 

公的機関の制度が使えるのは、
本当に経済状態が厳しい世帯になります。

 

公的な制度に関してもお金を借りたら返済をしなければならないということを頭に入れておきましょう。

 

審査の甘い消費者金融

 

即日融資 中小消費者金融

ページの先頭へ戻る